自己分析002【ダメな一生懸命】 就活・面接の対策・コツ・ノウハウ

自己分析002【ダメな一生懸命】


スポンサードリンク


「一生懸命」
スバラシイ言葉だと思います。
スバラシイ行動だと思います。

薀蓄的にいいますと、

庭訓往来(ていきんおうらい)という、
武士の生活に関する教科書のようなものとして
室町時代に編まれたものに「一所懸命」が
載っていたらしい。

「一所懸命」
  =与えられた一所の領地を命懸けで守る
   という意味

武家社会では、褒賞として
領地が与えたれていたんですね。
で、頑張れば自分の領地を増やしてくれるから、
かわりに君主に忠誠を誓っていた。

忠誠といっても、武家ですから、
つまり戦争するわけですから、命懸けです。

だから、
「一所懸命」

それがなまったのか、
意味が薄れたのかして、

「一生懸命」

就職活動、一生懸命されている方、多いでしょう。
一生懸命するぞと決意している方も多いでしょう。

スバラシイ。

けど、

ダメな一生懸命も存在します。

自己PRの中に。



自己PR」というものは非常に厄介です。

何をどうPRしたらいいのだろう…

サッパリわからないですよね。

履歴書でもESでも面接でも「自己PR」はついて回ってくる。

どう書けばいいか。
どう言えばいいか。





それは自分で考えて下さい。
これが正解!って存在しないのだから。

でもね、

明らかにどこの企業でも、
嫌われる書き方を教えましょう。



それは、






















「私は好きなことには


 一生懸命打ち込む性格です。」






何がダメなのか、
何故ダメなのか、
わかりますよねぇ?

では、よい就活を!


いつもランキングを気にしてくださり、有難うございます。
ランキング上昇中?これからも頑張ります!



     就職ランキング上昇中?クリックありがとうございます!
スポンサードリンク
posted by さだ at 12:47 | Comment(0) | 自己分析
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
オススメ就職サイト
オススメ派遣サイト
オススメ転職サイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。