自己分析007【そんな自己分析はいらない】後編 就活・面接の対策・コツ・ノウハウ

自己分析007【そんな自己分析はいらない】後編


スポンサードリンク



食うために働く

基本がコレなんですよ。

今の日本って本当に幸せな国です。
考えたらわかるよね。



あなたのお父さんお母さんの
そのまたお父さんのお母さんの時代から
一生懸命働いて、
食べたいものを我慢して
着たいものを我慢して
行きたいところを我慢して
そうやって今の日本が瓦礫の中から成長したんですよ。

勿論、僕だって戦争をしっているわけじゃない。
高度経済成長の時代でしたよ。(世間はね)
ただ、どっちかってーと、金持ちって方じゃなかった。

まず、食べていかないといけない。


好き嫌いの問題じゃない。

自分自身と家族を養うためには
働かないといけないんですよ。

だからって、別にあなたに
眉間に皺寄せて働けとは言わないですよ。
馬車馬のように働いて休むなとか言わないですよ。

でもね。


仕事をするっていうのは、それ自体が

「誰かの役に立つこと」だし
「誰かを笑顔にすること」だし

頑張っている人が多ければ
経済もよくなっていくし、

頑張って工夫して色々苦労する中で
成果が出ればやる気も出るし
仕事も面白くなる。

それが
「あなたのやりたい事」=「天職」
になる。

どんなに頑張ってもそう思えなかったら転職したらいい。
今は昔と違って転職するのが普通になってる。
(昔は転職自体に抵抗があったんですよ・・・)

やりたい事を探す。

それが悪いわけじゃない。

それが本当に本当に本当に本当に本当に(あと10回は繰り返してみてください)
あなたの「やりたい事」ならいい。
幸せだ!

ところがどっこい、
入社3年での離職率が3割から4割といわれているのはご存知の通り。

本当に「やりたい事」を探して、
ものすごい時間とお金と頭脳と体力を使って
就活して決めたはずなのに、

「こんなはずじゃなかった」

という人がいるんですよ。


何で?



出発点が違うからです!




「やりたい事をしたい」


=「やりたくない事はしたくない」




誰だってそうですけどね。
気持ちはわかります。
でもそれ言ってたら仕事にならん。


あなたが経営者だったらどう?

「やりたくない事はしたくない」

なんて言ってる人に重要な仕事任せます?
会社の重要事項を教えたいですか?
ノウハウを伝授したいですか?
成長させてあげたいですか?
そんな後輩が可愛いの?

新入部員はいきなりレギュラーにはなれない。
球拾いと声出しからじゃん。
企業も同じです。
(ま、ベンチャーはいきなり求められるけどね)


やりたくない、辛い、きつい、上手くいかない、
思惑通りでない、単調だ、責任ばかり重い、
大学出てまで何でこんな事しなきゃいけないの・・・

やりたい事ばっかりじゃないのが仕事。
その中にやりたい業務も含まれているだけ。
華やかな部分があるだけ。
その華やかさに目がいきやすいだけ。


まず、食うために仕事しろ。
親から離れろ。
生活くらい自分でしろ。


「お前の面倒くらい見れるから家から通ったらいいよ」

なんて(学校じゃなくて就職で)そう言う親がいたら、
離れなさい。家を出なさい。
あなたのためを思っての言葉じゃないから。
あなたへの愛情じゃなくて、
単なる親のエゴですから。


もう一つ。
やりたい事があるからフリーター。

素敵だと思うよ。

それが本当にやる気と覚悟があっての事なら。
他の楽しみを追わず、
それだけに集中して、
食うや食わずの覚悟があるなら、
頑張ってほしい。

でも、
何となく、楽しそうだから、
では、間違いなくその道では成功できない。

フリーターが絶対悪とは言わないが、
正社員が絶対善とは言わないが、
夢を追うのは素敵なことですが、

何をするにも覚悟がいります。


勿論、今の豊かな日本にいれば、
食うことくらいはできます。
別に頑張らなくても。


でも、何で大学や短大や専門に行ったの?
高卒でもいいじゃん。
義務教育じゃないんだし。
テストもレポートもあるし。
つまらない先生もいるし。
親にも経済的負担かかるし。

何で?

よりハッピーな人生を送りたいからでしょう?
よりハッピーな人生が送れるはずだと思ったからでしょう?
それが確実かどうかは別にして。
そういう期待があったはず。





やりたい事だけを探して


ハッピーになんかなれるか!




やりたい事を探すのが悪いとは言わない。
そして縁した企業や仕事に就けたら幸せです。

ここからが大事なんです!

縁したら、
それを「本当にやりたい事」にしましょう。




じゃあ、「やりたい事」を探さずに
どうやって業界や職種を絞るんだっ!?


ってお怒りの声が聞こえそうですね。

ごもっとも。

誰も生理的に受け付けない仕事をしろとは言ってない。
やりたい事を探すと現実とのギャップに苦しんで、
結局損するのはあなただよ、と言いたいのだ。


自分の力で生きていく


そういう覚悟があれば、
どんな業界だって「やりたい事」にできます。

そういう覚悟があれば、
内定くらいもらえます。

自己分析をするなら、
それを前提において

「あなたは誰なのか?」

を明文化し、理解し、軸を持とう。
その上で就活をしよう。


「やりたい事」なんか探すな。

あなたに縁があった所が
あなたの「やりたい事になる」のだ。

いや、あなたが「する」のだ。




では、よい就活を。



     就職ランキング上昇中?クリックありがとうございます!
スポンサードリンク
posted by さだ at 20:18 | Comment(0) | 自己分析
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
オススメ就職サイト
オススメ派遣サイト
オススメ転職サイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。