企業研究005【 花粉テロ陰謀説 】 就活・面接の対策・コツ・ノウハウ

企業研究005【 花粉テロ陰謀説 】


スポンサードリンク


春になると異常に辛い花粉症バッド(下向き矢印)

この花粉症についてある方がこう言いました。

「花粉症ってなぁ・・・
 絶対テロだよ。
 国家的な陰謀に違いない。
 考えてもみろ。

 見えないのに病状が多くの人に出る。
 死ぬこともないけど、
 しかし健康に生かしてくれない。

 まさにテロ。
 生かさず殺さず治さずの。

 しかも、その経済効果はでかいぞ

この言葉を聴いて私は衝撃を受けました。


──そうか! 花粉症は陰謀だったのか!

   (半分真に受けた・・・)



じゃあ、どういうところが
陰謀に加担しているのだろう?


まず、ニッポン経済を何とかするために、
   「経済産業省」
   「厚生労働省」
   「財務省」

企業としては、関連商品の売上を狙える、
   「医薬品業界」・・・鼻炎の薬とか目薬とかね。
   「食品業界」・・・・のど飴・甜茶、ヨーグルトとかね。
   「病院」とか「日本医師会」もね。

マスクなどに関係してくるのは、
   「医療品メーカー」
   「製紙メーカー」  などかな。

当然それらを作るための原材料は純国産ではありえないので、
   「貿易関係」
   「商社」
   「外務省」  あたりでしょう。

花粉やハウスダストを大幅カットできる商品を作るのは、
   「家電メーカー」

そういったエアコンも装備できるのは、
   「自動車メーカー」

儲けがあれば当然株価も動くので、
   証券会社などの「金融業界」

宣伝もしっかりするためには、
   「マスコミ業界」
   「広告業界」
   「インターネット業界」もそうだね。

花粉症の猛威を知らない人を集め、知ってる人は国外へ、
   「旅行業界」

当然、花粉情報を流すのは、
   「国土交通省の気象庁」

法律整備や公安を動かして情報整備のため、
   「法務省」

産業界から出る公害でないことを証明するためには、
   公害等調整委員会を持つ「総務省」
   「環境省」

そもそもの原因の根絶を図るため新たな植林事業を行う、
   「農林水産省」

花粉兵器開発を官民で行ったであろう、
   「文部科学省」

兵器となれば、当然、
   「防衛庁」

それ以外にも
   「国家公安委員会」
   「公正取引委員会」
   「金融庁」

を束ねている、
   「内閣府」

・・・他にも思いつくのはあるかもしれない。


どうです。

あなたが今苦しんでいる、
その目の痒み、
その鼻水、
そのくしゃみ、
その喉の痛み。



すべては、国家的陰謀なのです。


もしかしたら、対日貿易を何とかしようとしている、
某合衆国政府も一枚かんでいるかもしれない。


ありえないことではない!


あなたは国際的テロの餌食になっているのだ!
しかもそれとは気付かされずに!







・・・まぁ、本当のところは違うと思いますが、

すごいですよね。

単純に「花粉症」というキーワードで、
官公庁も含め、これだけの業界が関係してくるのです。

(これだけの数が本当に動いたら花粉テロも可能かもね)


自分は特にこの業界に絞っているんだ!


という明確な目的や目標・夢がある人は別として、

多くの人は、イメージやなんとなくで、
業界を決めていたりしているんではないだろうか。ひらめき

関係なさそうな分野でも、
実は密接に関連していたりするのが、
現実の産業界。


今のあなたが興味を持っているかどうか。

そんなことは問題ではなくて、

より多くの業界・企業を回ってみよう。

個別の説明会に参加するのは大変だろうから、
合同の説明会で、見てみるといい。
ひょっとすると、


あなたが本当に求める、
あなたを本当に求める、


企業と出会えるかもしれない。

堂々と企業を選べるこの時期です。

可能な限り、沢山の企業周りをしましょう。


では、よい就活を!



     就職ランキング上昇中?クリックありがとうございます!
スポンサードリンク
posted by さだ at 14:05 | Comment(0) | 企業選び
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
オススメ就職サイト
オススメ派遣サイト
オススメ転職サイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。