企業セミナー010【 名前覚えて! 】 就活・面接の対策・コツ・ノウハウ

企業セミナー010【 名前覚えて! 】


スポンサードリンク


名前を覚えて!

とは、誰に向かっての言葉かといいますと、
あなたから人事に向かっての言葉です。

何でこれが有利になるか・・・
それをお話します。

僕の知っている会社で、
採用の支援をしているところがある。
採用の支援というとちょっと語弊がある事業なんですが。

何をしているかというとですね。

全国の有名国公立及び私立の理系大学の各研究室宛に、
色んなものを送るんですよ。

例えば、

・Tシャツ
・カップラーメン
・クリアファイル
・ブックカバー

など。


そこに、だ。
企業名や企業ロゴをつけている。

Tシャツだったら、無地なんだけど、
首のタグのところに入っていたり、
ラーメンだったら、市販の即席麺のTOPに
その企業のロゴをデカデカとシールで張っていたり。

どうしてこうしてるかというと、
今、理系の、特に将来優秀な技術開発者になるであろう、
研究生は引く手あまたなんですね。

そりゃあ、もう、メーカーとしては
優秀な技術者は喉から手と腕が出るほどほしい。

あらゆる手を使います。
その中のうちの一つなんです。

これ、めちゃくちゃコストかかってるはずなんです。
だって、各大学と違いますよ。
各研究室にその人数分送るんです。
すごい量になると思いませんか?

そりゃあもう、東大京大などの旧帝大から早慶などなど、優秀な理系大学のみです。

それも、超有名企業から送られてくるんですよ。
誰もが名前を知っている、その製品はあちこちで見る、
どこの家庭にも大概あるようなものを作っているメーカーから。

1回だけじゃなく、品を変えて何回も。

ウチのような中小零細企業なんかだと、

   けっ、大企業はいいよね、
   名前だけで学生が応募してくんだからよ!

なんて卑屈になるんですけど、
大企業も必死です。

優秀な学生ほど引く手数多ですし、
そんな学生にどんどんエントリーしてもらいたい。

そうするためには、如何に自社の名前やロゴを
常に売っているか、にかかってるんです。
だから、しょっちゅう自社の名前を目にさせようとしてます。

とにかく名前に触れさせる。

大変だなぁ・・・
(オイオイ他人事じゃねーだろが)

よく就活の始めの時期って、
「学生就職人気企業ランキング」
という無駄なランキングがあります。

ま、人事からみたら、アホかい

と思うものなんですけど、学生の傾向はなんとなくわかりますね。

どうしても、商品を選ぶにしろ、就職先を選ぶにしろ、
ネームバリューのある方が有利になるからね。

で、だ。
これを個人で考えてみる。

そう、個人もネームバリューがあった方がいい。

いや・・・・有名人になれってことでなく。


何がいいたいかというと、


あなたの名前を覚えてもらおう!


ということなんですよ。

前にもチラっと書いた「新近効果」があるから。

だから、名前を覚えてもらう工夫をしましょう。

どうやって?

それを考えるのが楽しいんじゃないか。



うーん、じゃあね、逆効果の方法を教えましょ。

説明会とかに行きますね。
受付があります。
そこで、

「こんにちは。
 ●●大学●学部●学科●研究室3年の○○と申しますが」

と言ってみよう。

・・・・嫌われます。

なぜか






    ・・・・・長い!



僕もよく受付のとこで見てたり、
対応したりします。

その際に

「お名前頂戴できますか?」

と聞くと、必ずここまで答えるやつがいる。

はっきり言って、うざいです。
名前訊いてんねんから、早よ言ってーな!

と思います。

大学名と名前(これはフルネームがいい)だけにしましょうね。


あとは、
最近多いですけども、
ブログを書くのもいいですね。

マルッポ本名じゃなくてもいい。
すぐわかるあだ名とかでもいい。

覚えます。


因みに、ブログで知り合った学生が
ウチにエントリーしたりとか結構あります。
早速企業ログイン画面で、エントリー学生をチェック。
ふむ、この子か、なるほど、楽しみにしておこう・・・

となるわけですよ。


では、よい就活を!



     就職ランキング上昇中?クリックありがとうございます!
スポンサードリンク
posted by さだ at 17:42 | Comment(0) | セミナー・説明会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
オススメ就職サイト
オススメ派遣サイト
オススメ転職サイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。