企業セミナー011【 はまぐりの片割れ 】 就活・面接の対策・コツ・ノウハウ

企業セミナー011【 はまぐりの片割れ 】


スポンサードリンク



3月3日は何の日でしょう?

そう!
上巳(じょうし)の節句、

又の名を、

桃の節句=雛祭り!
女の子の日です!


桃の節句、上巳の節句の起源は、
平安時代に遡ります。

この日、人々は野山に出かけ薬草を採ってきて
その薬草で体の穢れを払い、健康と厄除けを祈願していました。

これとは別に、宮中では「ひいな遊び」が流行っていました。
これは、紙の着せ替え人形の遊びなんですが、

この二つがいつの間にか融合して、
自分の災厄を代わりに引き受けさせた紙人形を川に流す、
「流し雛」へと発展してゆきます。

室町時代になると、この節句(行事)が3月3日に定着。
やがて紙の雛ではなく豪華なお雛さまを飾って
宮中で盛大にお祝いするようになったのです。

その行事が宮中から一般に広まって、
今の雛祭りの原型となりました。

だから、あの
「お内裏さ〜まとお雛さま〜、ふーたり並んで♪」
の雛人形は豪華なんですな。

初節句のひな祭りは、
女の子の身のけがれを祓い、
赤ちゃんに降りかかろうとする災厄を避ける、
大事な行事です。


初節句には「縁起物」というのがあります。

ちゃんと意味があるんですよね。

例えば「菱餅・雛あられ」の色は、

    白が大地、
    赤が生命、
    緑が木々

を象徴していて、
そのエネルギーを体内に取り込んで災厄や病魔を祓う
という意味。

そして、「はまぐり」は
貝がらが二つしっかりと合わさっていることから、
将来良い伴侶に恵まれるという意味があるんです。

そういえば、宮中の遊びで「貝合わせ」は「はまぐり」だったような・・・


あなたが女の子なら、
きっと親御さんは、大切に思って、
初節句を祝ってくれたと思います。
将来、よい伴侶に恵まれて欲しいと願って。
あなたに結婚の意思が今あるかどうかは別にして。
そう願っています。
大学卒業したら速攻で見合い話持ってくる母親もいますしね。

あなたに幸せになってほしい。

就職は、結婚と同じです。

生涯(に渡るかもしれない)の伴侶を見つけるのです。

あなたの「はまぐりの片割れ」を探して下さい。

企業は、あなたの「はまぐりの片割れ」です。

人事は、あなたの「はまぐりの片割れ」です。

人事は、はまぐりではなく人間です。…当り前orz


小さい赤ちゃんの頃、あなたに幸せになって欲しいと、
多くの人が思いました。
本当に幸せになって欲しいと。
切に切に願っていました。

あなたの就活は、あなただけの願いではなく、
親御さんも含め、あなたの誕生と成長を見守ってきた、
多くの人達の願いです。

多くの人達のパワーがあなたに注がれています。
あなたはそのパワーがあるのです!

あなたの幸せを願う人達を幸せにする力を手に入れるために、
あなたの伴侶となる人(人事、企業)を探すために
セミナーに会いにいきましょう。

今日も就活ガンバロウ!


では、よい就活を。



     就職ランキング上昇中?クリックありがとうございます!
スポンサードリンク
posted by さだ at 20:45 | Comment(0) | セミナー・説明会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
オススメ就職サイト
オススメ派遣サイト
オススメ転職サイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。