内定後008【 内定辞退の仕方 】 就活・面接の対策・コツ・ノウハウ

内定後008【 内定辞退の仕方 】


スポンサードリンク


イヤぁなテーマ・・・(人事としては)
でも。
就活してるみんなにとっては、
必要なんでしょうね。

そろそろ、各企業
内定を出してきてますね。


内定もらえなかったら次々と行けばいい。


ところが、


二つから内定をもらった。
いや三つからもらった。
どうしよう・・・


とまぁ、
贅沢な悩みを持っている方もいらっしゃると思います。

どこに行くか決められない・・・なんていうのは、


     そんなん知るか。勝手にすれば。


と言いたくなりますが、

断る時に、どうしたらいいのだろう。

っていう悩みはありますよね。


嗚呼、面接の時の人事の人の顔が浮かぶ・・・

断ったら怖そうだなぁ・・・
とか、

あの人いい人そうだったのに何か申し訳ないなぁ・・・
(だったら断るなよ)
とか。


どうしたら、失礼にならない断り方ができるのだろう・・・



     そんなん知るか。勝手にすれば。



と言いたくなるのを抑えてお答えすると、

(1)失礼のないように。
(2)申し訳なさそうに。
(3)まずは電話にて。
(4)その後文書にて。

がよいでしょう。


文書では、きちんとした「大人の」手紙の書き方で。

ポイントとしましては、

まぁよくある「手紙の書き方」というものを参考にして、

「拝啓 ナントカの候」から始める。

   「初夏の候」とか
   「向暑の候」とかね。

あなたが女性だったら、

   「初夏の風もさわやかなころとなり」

なぁんていいかもしれません。


で、

「貴社、ますますご清栄の・・・」とくる。


そこで本文。


まずは内定通知のお礼から。

「さて、この度は就職の内定をいただき誠に・・・」



「楽しみにしておりましたが」
とか
「よくよく考え抜いたのですが」

というような事を添える。

「桜咲くころ皆様方にお会いできることを・・・」
「自分の将来設計を熟慮いたしましたところ・・・」


なども加えるといい。


そして「辞退の理由」

「…ですが、実はよその会社に・・・」とか
「公務員一本に絞ることを決め・・・」とか
「実家を継ぐことに・・・」とか
「留年が決まり・・・」とか・・・ ←哀しい…orz


次に「お詫び」ね。

「面接では○○と申し上げておりましたが・・・」
「お怒りは如何ばかりかと・・・」
「大変申し訳なく・・・」とか


次がポイント。「人事へのお礼」

「人事の○○様には説明会時から大変お世話になり・・・」とか
「人事の皆様には本当によく接して頂き・・・」とか


で、お詫びの締めに入る。

「事情お汲み取りの上宜しくご高配下さいますよう…」


もう一回くらいは謝って

「重ねて深くお詫び申し上げます。」
「取りあえず書中にて・・・」


最後は相手への気遣いも忘れずに。

「皆様のご健康とますますのご発展を・・・」


まぁここまでできたら、かなり印象のよい手紙になりますね。


よく、内定を断ったら、

「他社で内定もらえないようにしてやると言われた」とか
「屋上から飛び降りろって脅された」とか
「イキナリ水ブッかけられた」とか

実(まこと)しやかな噂が飛び交っているようですが、


       ありえません。


(逆にあったらアナタそれって大当たりかも。別の意味で)



何故なら、人事にとっても、あなたにとっても、

お互いが顧客になりうる可能性を秘めているからです。
どちらの側も印象を良くしておくに越したことはありません。

だっていつどこで出会うかもわかりませんよ。


反対に、マズイのは、

(1)メールで辞退する。
(2)無視する。
(3)当然のような言い方をする。


更に辞退して人事が喜ぶのが、

(4)親が断りにくる。   (←本当にいるらしい…)


内定もらっている人は、
自分が納得しているかどうかをしっかり見極めて、
ハラを決めて下さい。


大丈夫。
納得いくまで就活ガンバロウ!

内定をどんどんもらって、
納得したところ以外は
さっさと辞退していきましょう。


よい就活を!



     就職ランキング上昇中?クリックありがとうございます!
スポンサードリンク
posted by さだ at 21:41 | Comment(0) | 内定したら
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
オススメ就職サイト
オススメ派遣サイト
オススメ転職サイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。