エントリーシート011【出し惜しみ】 就活・面接の対策・コツ・ノウハウ

エントリーシート011【出し惜しみ】


スポンサードリンク


男性の方なら、小さい頃、


よくヒーローもののアニメや特撮見たでしょう?


あれ見てて時々思ったはずです。


「最初っから必殺技(最終兵器)出しとけよ」



かなり斜めな見方ですが、
最初から出せば、苦労せずに勝てる。
なのに、わざわざやられた後に出している。

まぁ、その方がストーリー上は盛り上がりますからね。


黄門さまも最初っから印籠出してたらつまらない。
やはり悪いヤツはコテンパンにしてからでないと…

よく就職本とかに、面接では、

  
「ありのままの自分」「100%の自分」などを出しなさい。


と、書いてありますね。

正しいです。








ホントに?




ええ、

     「人事にとっては」

正しいのです。
そうして欲しい。

なぜなら、どんな人だって面接ともなれば、緊張するし、
多少なりとも自分をよく見せようとする心理が働いて当たり前。

人事担当者は見抜くのが仕事。

大企業になるとそれを見抜くための
人事向けの特別な研修をやってる程なのだ。

どこでも「いい人」「戦力になる人」が欲しいから。

でも「雇用のミスマッチ」は無くならない。

  ―なぜ?

つき合ってみて
「こんな人だったなんて」
っていう経験した事あるでしょう?

  −なぜ?

じゃあ最初っからそんな人採用するなよ、つき合うなよ。
でも、採用しているし、つき合い始めてる。

  ―なぜ?

なぜなら、

   「いい人そうだと思ったから」


「この人についてもう少し知りたい」と思ったら
いい人そうに思えませんか?

履歴書もESも100のうち90だけ書く(何をどう?は研究して下さい)

すると、興味が湧く。


「必殺技は出し惜しみ」すれば、


    「より強くより美しく見える」



怪人も「コイツ案外弱そうじゃん」
と思った所に
ズバン!と必殺技が出てくるから、
余計にその強さが実感できる。


「必殺技」を持っていなければ、

「持っているように見せる」


「よく見せようとするあなた」が
「ありのままのあなた」なのです。


       但し、ウソはダメ



「もうちょいこれについて訊いてみたい」

と思わせよう。





たぶん、よくわからないと思うので
もっと具体的に近々書きますね。



     就職ランキング上昇中?クリックありがとうございます!
スポンサードリンク
posted by さだ at 13:53 | Comment(0) | 履歴書・ES
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
オススメ就職サイト
オススメ派遣サイト
オススメ転職サイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。