就活の心得015【 差 別 】 就活・面接の対策・コツ・ノウハウ

就活の心得015【 差 別 】


スポンサードリンク


就活において「差別」とは
どんなものがあるのでしょうか?


まず、すぐに思いつくのは、

学歴差別

次に、

男女差別

次に

出身差別

くらいでしょうかね。


まず「学歴差別」ですが…

「学歴社会は崩壊した…」

なあんて新聞報道があったり雑誌に書いてあったり…



正直、言いましょう。





  それはウソです!


採用意欲がバブル期に並び始めた昨今、
あからさまに学歴差別をしている企業なんて
ゴマンとあります。
マジで。

表立ってそんな事するとバッシングを受けるので
密かに学歴を差別してます。


つまり高学歴者優遇ってやつね。


その証拠に、



六大学専用合同説明会

国立大学専用合同説明会


ってな企画が実際あるんですよ。
そんな企画を某有名就職サイト運営会社が
各企業(大体大手)に持ってくる。


これが売れる・・・


こないだ少し話しましたけど、
優秀な理系学生だけにアプローチする大手企業も沢山…



学歴社会が崩壊したっていうのは、
例えば、受けてきた高学歴の学生、
あるいはESを通した学生の間だけの話。

東大であろうと早稲田であろうと学歴は関係ありませんよ。
と言っている。


そもそも面接やリクルーティングの段階では
既に高学歴者しか残ってないから、
学歴による差などない・・


それ以前に高学歴でない人ははじかれているのが現実です。


因みに、ウチの場合、反対に高学歴ほど用心されます。
何でかってーと、妙なプライドがあるから。
受験で勝ち残ったのは認める。
確かに理解力も論理力もある。
考え方もしっかりしてる人が多い。

でも、妙なプライドがある人はウチの会社の社風に向かない。
お客様に対して「バカ」になれない人が多いからね。
頑張っていい大学出たのに何故俺はこんなことしないといけないのか、
なあんてプライドが仕事を邪魔するんですよ。
ドロ臭くなれないって言うか、3Kは嫌いっていうか・・・

お客様の為に真剣になって「バカ」になれる。
ここで言う「バカ」というのは、それはそれは奥が深い
そんな人が欲しいですね。




次の男女差別は、また次回解説しましょう!


では、よい就活を。



     就職ランキング上昇中?クリックありがとうございます!
スポンサードリンク
posted by さだ at 22:33 | Comment(0) | 就活のココロエ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
オススメ就職サイト
オススメ派遣サイト
オススメ転職サイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。