就活の心得016【 差別 】Part2  就活・面接の対策・コツ・ノウハウ

就活の心得016【 差別 】Part2 


スポンサードリンク


今回は「男女差別」について。


男女差別




・・・・現実問題として、ありますね。

男女雇用機会均等法
っていうのがあるのはご存知ですね。

もともとは
「女性の社会進出を促進し、
 あるいは女性の権利を守るために」
できた法律です。

だから、


「男性しか採用しません」


とか言うと法律違反です。



そんな会社コッチから願い下げですね。
さっさと次いって下さい。


大手ほど、こういう傾向はまだまだあります。
いや、ホントに。

しかも、最近は、WEB上での書類審査なんかができるから、
採用する側(しない側)にとっては都合がよい。


「女子だから落とした」のではなく、
「適性が足りなかったから落とした」と言えますからね。


何故、こんな会社がまかり通っているのか・・・

・・・うーん、もう、
日本の歴史上そうなっている傾向としか
言いようがない。


男系社会ですからね。
だって女系天皇でいいかどうかも
簡単に決められない国なんですよ・・・

法律なんかも詳しくみてみると
結構男性優遇型だったりします。

ホントです。


ヒマがあったら研究してみて下さい。
僕の代わりに・・・





因みに、ウチの場合ですが、

     逆です。

女性ほど有利です。
いや、まぁ、有利というか、
女性積極採用企業ですので!

そもそも男性は最近軟弱になってる。
マジでそう思う。

女性の方が根性ありますよ。
キメ細やかな人多いし。

まー大体、「教育」っていう業界だから、
(教材販売ではありません)
もともと女性の応募が7割以上ですし。

社員も8割が女性です。

で、女性が多いと、
なんていうか、
「派閥」みたいなのがよくできるじゃないですか。

ウチはそれがありませんね。

それが嫌いな人じゃないと入社できないっていうか、
性格的に合わないっていうか、
好き嫌いの激しい人はウチの社風に合わないので。


誰でも好きになれる。
誰に対しても「いい所」を探すことができる。
だからお客様に対しても、上司部下に対しても
差別がない。(好き嫌いでのね)




そもそも、
人の好き嫌いのある人は、
仕事でも好き嫌いを言う。



そんな人が仕事を真剣にできるはずがない。
仕事を、会社を、好きになれるはずがない。
「好き」になる努力をするのが前提です。




「好き」になることが

仕事をできるようにするコツです。





で、
この男女差別。

最近は改善はされてきていますね。

金融関係でも、女子の採用を増やしたり、
逆に女性だけの営業組織を作ろうとしている会社増えてます。

女子学生の方が、男子学生より優秀な人が多い傾向にある

ってことに気付いてきたんですな。

(あ、決して男子が悪いって意味じゃないですよ)

うーむ、ウチのように女性をメインで採用している会社にとっては、
ハッキリ言って迷惑な話・・・

いい子が分散する。


お願いです。
多社の人事の皆さん、
優秀な女子学生がいたら、
採用しないでウチに廻して下さい。(笑)
ウチが代わりに採用しますから。



では、よい就活を。



     就職ランキング上昇中?クリックありがとうございます!
スポンサードリンク
posted by さだ at 21:01 | Comment(0) | 就活のココロエ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
オススメ就職サイト
オススメ派遣サイト
オススメ転職サイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。