就活の心得019【 歴史に学ぶな? 】 就活・面接の対策・コツ・ノウハウ

就活の心得019【 歴史に学ぶな? 】


スポンサードリンク


今回は「片付けるコツ」の3回目。
題して、




歴史に学ぶな?






歴史を知らぬ者に未来はない


という言葉があります。

誰が言ったか知りませんけど。


何?得意じゃない?
ダメダメ!
知ることは大事なんです。

結局歴史っていうのは、
人間の動きそのものなんです。
時代背景の違いはあっても
人間はやはり同じ失敗をするし、
同じように成功もするし。

だから、昔の人がどう生きてきたのかを
学ぶことって本当に大事。

苦手だったら、
マンガであるじゃん。
学●の歴史人物シリーズみたいな。
あれ読むといいですよ。
それから徐々に歴史小説だったり、
デアゴ●ティーニ♪とかに移行したりすれば。

僕はもともと好きですから、
読んだりするのに苦はない。


で、好きだから、
メルマガとかにもネタで出してたりするわけですよ。

コレとかね。

コレなんかもそうかな。


意外に少なかった・・・
もっと歴史モノを書こう・・・



え?メルマガ読んでない?
そりゃあイカン!
タダなんですから!
取っときましょうよ!
ココから登録して下さいね。



さて、今回は
「歴史に学べ」
ではない。
その反対。



片づけができない人の多くは、
歴史が好きな人が多い
です。

なぜか?


それは、





過去に価値を置く人だから。




昔の出来事に価値を置く。
だから、モノが捨てられない。


僕なんて初恋の人からもらった手紙を未だに・・・







・・・ゴホン、んな話はどうでもいい。




確かに、歴史そのものには
学べるところがイッパイあります。


それはもう
沢山の人が書いたり言ったりしているから、
正しいのです。


でも、自分の歴史においては、
実は、そんなに大したものなんかない。



と、思ってよろしい。



話は飛びますが、
僕、銀英伝にハマった事があるんですけど、
これお読みになった方はおわかりでしょうが、


「後世の歴史家が判断する」


という言葉がよく出てくるんですよ。


そう、あなたが大した過去を持っているか、経験したか
というのは、「後世の歴史家の判断」に任せたらいい。


だから、ザックリと捨てなさい。


少なくとも、
ここ1年の間使わなかったもの。
落とされた企業の資料。
ここ3ヶ月は開いていない就活本。
などは捨ててよろしい。

特にこの3ヶ月の間使わなかったモノ。
大体が必要ありません。
必要な時が来たら、
ちゃあんと目の前に現れてくるものです。



え?
勿体無い?
もしからしたら使うかも?
いつかは使えるかもしれない?



・・・・だーかーら!





捨てろっちゅうに!




わかる!
気持ちはわかる!
痛いほどよーくわかる!

僕がそうだから。
捨てられない性分なんです。


モッタイナイオバケ
が出てくる気がするよね。




でも!







捨てるんです!




前回言ったように、

捨てると決めて!


過去を捨て去る気持ちで、
未来に向ける。

未来を見つめる!

大事です。



佐田ができるから言うのではない。
できなくていつも苦労してるから言うのだ。


本当です。もうやだ〜(悲しい顔)





では、よい就活を。




     就職ランキング上昇中?クリックありがとうございます!
スポンサードリンク
posted by さだ at 18:12 | Comment(0) | 就活のココロエ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
オススメ就職サイト
オススメ派遣サイト
オススメ転職サイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。