面接対策015【 単純なロケット 】 就活・面接の対策・コツ・ノウハウ

面接対策015【 単純なロケット 】


スポンサードリンク


面接でどんなことを話そう……
って最近、悩んでいるでしょう?


何話したらいいんですかね。

一体人事は何を聞きたいんだろう?




その疑問にお答えしましょう!

はっきりいいまして、




内容なんて、   ど ー で も い い 。



いや、これは極端すぎたかな。
じゃあもうちょっとわかりやすく。



「未来を語る」



これをちょいと意識してみよう。

採用するのは、

あなたの「過去」ではなくて、
あなたの「未来」なんですね。

だから、未来を語り、
その根拠として、現在進行形を話す。
あるいは過去の自分の自慢や経験を話す。


往々にして、過去が中心の話になりやすいんです。
(しかも遠い過去→小学校時代とか)

実際話すことの多くは、「過去」の事。



だけれども、

過去から今の自分、
そして、今の自分が、
御社に入ったときの自分に
繋がっている
んですよ、

という事を意識するんですよ。


具体的な話法なんてどうでもいい。

「意識する」と随分違いますよ。

過去は未来を語るための根拠です。

これ意識するだけで、本当に違ってきます。




もう一つ。

未来といえば、

そう遠くない将来、
宇宙への新婚旅行、
なんてのが、
可能になるでしょうね。
(まー私がじぃさんになってからだろうけど)




宇宙に行く為のロケット。

部品の数は、優に100万個を超えます。


その部品の信頼度は、99.99%


おお、すごい数字だ。
やはり乗る人の安全を考えて…













……ん?

待てよ。

てことは、つまりィ、

…1000000個×0.01%=100個の部品は、
こ、壊れてるかもしれない?
ホンマに大丈夫なん?



複雑な機械ほど、当たり前ですが、
危険性も孕んでいます。

・・・つまり、

単純なものは壊れる危険性は薄いわけ。




機械も、

自己PRも。

わかります?



単純でいいんですよ。
単純で。

未来を語るためには、
複雑で、なんだか凄いと思われるような
自己PRや言葉使いは

必要ない。



さぁ、

単純なロケット(自己PR)で
未来へ行こう!



では、よい就活を。



     就職ランキング上昇中?クリックありがとうございます!
スポンサードリンク
posted by さだ at 22:02 | Comment(0) | 面接対策
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
オススメ就職サイト
オススメ派遣サイト
オススメ転職サイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。